Concierge コンシェルジュ

カメラのある生活、写真を撮る生活はあたりまえですが、
写真を飾るということに関して、まだまだ構えてしまう、という人も多いのではないでしょうか。
私たちフォトギャラリー・アルティザンは、写真に興味をもってこのサイトに来ていただいた方に、
より写真を楽しんでもらいたいと思っています。
このコーナーでは、「写真の楽しみかた」をテーマに、写真のある生活を実践している方たちをご紹介していきます。

It is quite normal to have a camera and take pictures, but when it comes to actually displaying photographs, quite a few people consider it to be somewhat difficult.
The wish of Photo Gallery Artisan is to have people who visit our website and that are interested in photography to enjoy photography even more.
At our website, we introduce people who have put their life into photography with "How to enjoy photography" as the theme.

Vol.1 装丁家 坂川栄治 Vol.1 Designer and binder of books Eiji Sakagawa

まず一回目にご紹介するのは、ベストセラーもたくさんデザインされている装丁家の坂川栄治さんです。築90年以上という洋館風の建物を自分のセンスで改築した事務所にお邪魔してきました。

Initially, we introduced Mr. Eiji Sakagawa who is a professional book designer. He has both designed and bound many bestselling books. We visited his office, which is a European style house and was built more than 90 years ago. He then rebuilt it according to his own style.

Vol.2 株式会社フレームマン 奈須田一志 Vol.2 Frameman Co.,Ltd. Kazushi Nasuda

一度にたくさんの写真作品に触れることができる写真展。今回ご紹介するのは、その写真展を裏から支える会社、株式会社フレームマンさんです。

一度にたくさんの写真作品に触れることができる写真展。今回ご紹介するのは、その写真展を裏から支える会社、株式会社フレームマンさんです。

Vol.3 Coming Soon

写真を飾ってみたいけど、写真って専門用語が多くてよく分からない…。
そんな不安を解消すべく、アルティザンで働くフォト・コンシェルジュの「ロボ太」が
写真選びのお手伝いをいたします。

"I’d like to display photographs in a casual manner, but the world of photography is full of technical terms and seems difficult…"
In order to resolve this problem, "Robota," a photo concierge working at Artisan, helps you select the best photograph.

Q オリジナルプリントって何? Q What are "original prints?"

作家本人監修のもと、
品質を半永久的に保証するプリントのことロボ。

アルティザンでは、オリジナルプリントとは写真家本人または監修のもとにプリントを行い、作家自身が色合いや品質を保証する写真作品と考えています。
ご購入いただいた作品には、オリジナルプリントであることを証明するため、作品証明書を発行し、商品に同封してお送りしております。
証明書があるかぎり、オリジナルプリントを半永久的に保証させていただいております。

This is a print whose quality is assured under the supervision of the photographer.

Artisan thinks "original prints" are photograph art that was printed and assured its color shade and quality by photographers themselves or under their supervision. The photograph that the customer purchases is delivered with a photograph certification to prove it is the original print.

Q エディションって何? Q What is "edition?"

エディションとは、作品を限定した発行数のことロボ。

通常作品にはエディション数を設けてあり、ナンバリングや作家本人がサインをすることで価値を確かなものとしています。
また、一部商品はオープン・エディションとして販売しており、オープン・エディションとは、発行の限度数を設けずに販売する作品になります。

It is the number of issues of qualified work.

We usually set a number of editions or the photographer signs his signature in person on photo arts to ensure its quality by numbering and signing.
In addition, some pieces are offered as an open edition. Open edition is work that a limited number of issues is not set.

Q プリントの種類には何があるの? Q What kinds of prints are there?

アルティザンで使用されている 主なプリントタイプについて説明するロボ。 今後使用したいプリントタイプでは、色調が美しく、紙の寿命さえ問題なければ500年保存できるという、プラチナを紙に塗布し光に感光させるプラチナプリントに注目しているロボ。

ゼラチンシルバープリント
日本語で銀塩写真と呼ばれているもので、19世紀末に発明され、今日でも普通に使われています。モノクロ・ネガフィルムから白黒写真の印画紙(感光材料を塗布した紙)に焼き付けるプリント技法です。
Cプリント(別名Cタイプ、タイプCなど)
カラー・ネガフィルムからカラー印画紙(感光材料を塗布した紙)に焼付けることで、もっとも一般的なカラープリント技法です。
デジタルピグメントプリント
耐光性・耐水性がある顔料系のインクを使用し、インクの吹き着けによってプリントするため、発色も優れています。作品の長期保存にも適しているため、アルティザンでは積極的に、この技法を取り入れています。

I will explain the main types of print used at Artisan.
Recently, there is interest in platinum prints. Platinum print exposes paper coated with platinum to light. It has a beautiful tone and can be kept 500 years, as long as there is no problem with the life of the paper.

Gelatin Silver Print
This is called "silver halide photography" in Japan. It was developed in the late nineteenth century and is still commonly used today.
It is a technique to print on monochrome photographic paper (paper where sensitive material is applied) from monochrome negative film.
C Print (C type, Type C)
This is the most popular print technique to print on color photographic paper (the paper which the photosensitive material is coated) from color negative film.
Digital Pigment Print
This is excellent in terms of color development by printing with blowing pigment ink that has both light and ozone resistance. It is also suitable for the preservation of work for a long period of time. Artisan actively makes use of this technique

Q 額装って何? Q What is framing?

写真や絵画などを鑑賞と保存のために飾れる状態にすることを「額装」というロボ。

アルティザンでは、ご購入いただいた写真作品はすべて当ギャラリーの専門スタッフによって、ニールセンのフレーム(額縁)に額装してお届けいたします。
写真作品を専用のマットボードに貼り、フレーム(額縁)に納めます。
額装することで、より作品が引き立ち、見栄えも良くなります。
また作品の保存状態を良好に保つことができます。

"Framing" means to fix photographs, paintings etc., in a frame for viewing and preservation.

At Artisan, purchased photographs are fixed in a Nielsen’s frame by our professional staff and delivered to customers. The photo work is put on a mount board and fixed in a frame.
Framing improves the appearance of photos and also maintains photos in a good state.

Q マットって何? Q What is a mount board?

写真を飾るための台紙のことロボ。

額装に使われる厚紙をマットボードと呼び、作品を見せるための窓を開けて使用します。
面材(フレームに入っている保護板)のガラスやアクリル板と、写真作品が直接触れないようにして、作品の劣化を防ぐ役割を果たすとともに、作品を引き立てる装飾効果があります。

It is a mounting mat board to display photographs.

The pasteboard used for framing is called a “mounting mat board.” It prevents deterioration of the photo by avoiding direct contact between the photo and glass or acrylic protective board of the frame. It also has a decorative effect.

Q 他のフレームを選ぶことはできますか? Q Can I choose other frames?

ご注文前にお気軽に相談してほしいロボ。

当サイトで選べるフレームカラー以外のお色の他、スクエア(正方形)フレームや、プリントをアルミ・アクリル・木製といったパネルに圧着するドライマウント加工なども可能です。写真をよりインテリアとしてもお楽しみいただけます。お気軽にお問い合わせください。

Please feel free to contact us before you place an order.

We have various frame colors and shapes such as square shapes in addition to the frames available at our website and other processing like dry mounting that affix prints to aluminum, acrylic or wooden panels is also possible. This enables you to enjoy photographs as an interior accessory. Please feel free to inquire with us.

Q 作品の保管方法は? Q How can photos be kept in a good state?

作品は紙製だから、日焼けや湿気に弱いロボ。

写真作品は紙であるため、光や湿気が苦手です。
退色・変色の原因になるため、直射日光に当たる場所や極度に湿気の多い場所に保存、飾ったりすることは避けてください。
また写真専用の無酸性のストレッジボックスなどの保存用品を使用すると、より良好に保存状態を保つことができます。

Photos are made of paper, so it is sensitive to sunlight and humidity.

Photos are made of paper, so it is sensitive to sunlight and humidity.
Please keep it away from direct sunlight and places where the humidity level is very high, otherwise it will cause color fading or shade changes.
Using an acid-free photo storage box can keep photos in a well preserved state.

Q どうやって飾ればいいの? Q How can photos be displayed?

ポピュラーな壁への掛け方を教えるロボ。

アルミ製フレームの場合

可能であれば、壁面に直接釘やフックねじを打つことを地震対策や強度の面からもおすすめします。
作品サイズにもよりますが、直接釘打ちする場合は、アルミフレーム裏側のレールに2~4本ほど引っかけるか、フレームの裏についているヒモをフックねじなどに引っかけて飾ってください。

木製フレームの場合

フレームの裏側が平らなため、結んであるヒモを、壁に付けたフックねじなどに引っかけて飾ってください。
飾る際には、写真作品の中心が目線よりやや上になる高さに合わせ、(水平器などを用いて)水平になるよう飾りましょう。

ヒモに引っかけて飾る場合

しばらく経つとフレームの重さで少し下がってくるので、少し高めの位置にフックねじを取り付けると調度よくなります。
この他、石膏ボード専用のフックやピクチャーレールなどの器具もございますので、飾るフレームの重量をご確認の上、取り付けてください。


この他、石膏ボード専用のフックやピクチャーレールなどの器具もございますので、
飾るフレームの重量をご確認の上、取り付けてください。

Let me describe the most popular hanging method on a wall.

If it is an aluminum frame,

driving a nail, hook or screw directly into a wall is recommended as an earthquake countermeasure and for strength, if possible.
Although it depends on the size of the work, hook rails or straps to the back of the frame with 2 to 4 nails or hook screws.

If it is a wooden frame,

hook the straps of the back of the frame on hook screws and so on as the back of the wooden frame is flat.

If you hook the straps,

the frame will come down little by its own weight, so it is a good idea to nail the hook screw slightly higher into a wall.


There are other apparatus such as hooks or picture rails for gypsum boards, etc. Please check the weight of the frame to be displayed and hook it on a wall.