Concierge

写真の楽しみかた How to enjoy photographs

Vol.1 装丁家 坂川栄治 Designer and binder of books Eiji Sakagawa

まず玄関を入ると、ちょうど目の高さに横一列に配置されたたくさんのフレーム。階段やそこかしこに置かれた写真作品や絵画。そして打ち合わせの部屋。ここは本当に圧巻で、壁一面に、数え切れないほどの写真作品が飾られています。

First, entering the front door, there are so many frames arranged in a single line at eye level. There are so many photography works and drawings around the stairs, in fact all over the place. In his meeting room, it was simply overwhelming to see the countless photo works all over the wall.

Q まずはじめて写真を購入する人に、
おすすめの作品のサイズや飾りかたについて教えてください。
Q Please recommend the size of work and how to display it for people who buy their first photograph.

最初は小さいものがいいですね。家具を購入するときと同じですが、プリントもお店で見た印象とは違います。いざ自分の部屋に入れてみると、意外と大きく感じるものなんですよ。ギャラリーでぴったりだ、と思っても、部屋に持ってきてみると、部屋の大きさの違いが飾る作品に影響をあたえて、飾る場所を探すのが大変になるんです。そもそも日本の家では、隙間なく家具を置いてしまっていて、壁には空いているスペースがない。でも写真を買って飾ってみたい。じゃあどこかスペースを作らなければ、となります。スペースを作るということがイコール飾るということなんですよ。
たとえば、高さのある家具を低い家具にしてみて、その上にできたスペースにまず一点飾ってみる。そうやってはじめてスペースができるんです。決して床の間を飾るように大げさに考える必要はなくて、良さそうな隙間があれば、まず小振りな作品を飾ってみる。しっくりこなかったら外して別な場所で何度も試せばいいと思います。トイレでも大丈夫です。
額装したものを、普段から視界に入れるということが大事なんです。目が慣れることで訓練されて、何も飾られていない部屋との違いを意識できるようになります。そのためにも小さい作品を少しずつ購入して、点数を増やしてみる。二点を縦に並べたり、横に並べたりと、試してみてください。飾りかたに正解なんてありません。他人の目を気にせず自分流に買うこと、そして自分流に飾ることを楽しむことが大切だと思います。

I think smaller work is better the first time. It is like purchasing a piece of furniture. Prints look different from their appearance in the shop. When you put it in your house, it might well look bigger than you think. So if you think it is the best size at the shop and bring it home, the difference in the size of space influences the work and it becomes tough to find a place to display it. Usually, in a Japanese house, there is a lot of furniture close together, so there is no space left on the wall. But you want to buy a photograph and display it. In other words, to make a space for photograph means to display it.
For example, change high furniture to lower ones and hang the photo in the space made by that. That’s when you first made a space. You don’t have to take it so seriously like displaying at Tokonoma, (Japanese traditional alcove where art or flowers are displayed).
You just display smaller work if you find a nice space. And if you think it doesn’t look right, try different spaces. It will be OK even in a bathroom. The important point is to bring the framed work into your daily sight. Your eyes will get used to that and you will come to be aware of the differences between the room with a piece and one without it. For that reason, buy small work for the first time in small numbers, and then increase the numbers. Try various ways of displaying like hanging two pieces vertically or horizontally. There is no rule to displays. It is important to find your favorite photo without caring about what other people think and enjoy displaying it in your own way.

Q スマホの中はお気に入りの写真がいっぱいという人も多いはず。
けれどその写真を部屋に飾るのは、あまり見かけません。
まず試しやすいフレームや、飾りかたについて教えてください。
Q Of course, many people have lots of photos in their smartphones.
But not many people display photos in their homes.
Please describe frames, which are easy to try and how to display them.

ハイアマチュアといわれる方たち以外は、あまり写真をプリントにして引き伸ばすことについて魅力を感じていないと思います。小さいサイズのフレームが売られているので、まずはそれに写真を入れてみる。フレームの形は四角でも丸くてもかまいません。それを何点かまとめて、壁に飾ってみる。それだけで雰囲気が生まれてきます。
自分の写真を自分で飾るときに一番気になるのは、他人が見たときにどう思われるか、ということだと思うんです。欧米の人たちは家族の写真を身の回りにたくさん飾る習慣があるけれど、日本人がそれをやると、変な目で見られたりするじゃないですか。人がリラックスして気楽に見られる場所って、アルバムじゃなくて意外にも冷蔵庫に貼ってあるスナップ写真なんですよ。場所的に自分たちが貼るのも気が楽ですし、見るほうも素直に受け止めて、話が広がりやすいんです。ところが、額装されてしまうとかしこまってしまう。だからその中間あたりに位置するのが、スナップ写真を小さいフレームに入れるということなんじゃないかと前から思っています。小さくてゴチャゴチャしている方が見る方も気にならないんです。そのうちスペースを使って写真を大振りなものに変えていく、最初から大きいサイズで冒険するのは日本人に向いていないと感じています。

以前は写真ギャラリーも経営されていたこともあり、写真集も多く装丁されている坂川さん。造詣が深いという言葉では納まらないほどの、写真が好きという気持ちがひしひしと伝わってきました。ありがとうございました。

People except for experts do not seem to be interested in enlarging photographs. There are many small size frames available, so initially just put your photos in these frame. The shape of the frame can be anything from square to round. Hang some of them on a wall together, and it will create a lovely atmosphere.
People do care when they display their portrait about what other people think when they see it. Western people have a custom to display many photographs of their family, but if Japanese people did that, they would be regarded a little strange, right? The place where people watch things in a relaxed mood is not in an album, it is a snapshot on a refrigerator. It is an easy place to put photos on and people accept it naturally and talk about it casually. However once it is framed, people take it more seriously. So perhaps a compromise way of displaying is to put a snapshot in a small frame. People are not so concerned when small frames are messy. Then change it to a bigger size in time in the same space. I don’t think a big size from the first is all that good for Japanese people.

Mr. Sakagawa used to run a photo gallery, so he has designed a lot of photography books. We strongly felt his love for photography, and more than that he has profound knowledge about it. Thank you very much.

坂川栄治(さかがわ えいじ)さん
プロフィール
Eiji Sakagawa

装丁家・アートディレクター。
1952年北海道生まれ。
雑誌『SWITCH』の創刊から4年間、アートディレクションを担当。
その後坂川事務所を設立。
1993年講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。 代表作に吉本ばなな『TUGUMI』、ヨースタイン・ゴルデル『ソフィーの世界』、
J.D.サリンジャー/村上春樹訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』など。
今まで手掛けた装丁本は6000冊を超える。
文章家、写真家としても活躍し、著書に『本の顔』(芸術新聞社)、
『「光の家具」照明』(TOTO出版)、『写真生活』(晶文社)、
『遠別少年』(光文社文庫)、
『捨てられない手紙の書き方』(ビジネス社)などがある。

Designer and binder of books / Art director
Born in Hokkaido in 1952
In charge of art direction of "SWITCH" magazine for 4 years since its launch
After that, establish the Sakagawa office.
Awarded a Book Design prize at the Kodansha Publishing Culture Awards in 1993.
He has designed more than 6,000 books, such as "TUGUMI" written by Banana Yoshimoto, "Sophie’s World" by Jostein Gaarder, "The Catcher in the Rye" by J.D. Salinger among others.
He has also known as a writer and photographer.

写真に関するQ&A Question and answer about the photograph

写真を飾ってみたいけど、写真って専門用語が多くてよく分からない…。
そんな不安を解消すべく、アルティザンで働くフォト・コンシェルジュの「ロボ太」が
写真選びのお手伝いをいたします。

Though I want to display a photograph, a photograph does not understand a technical term well at most … .
"Robota" of the photo concierge who works in artisans in order to break off such an uneasiness
I help with the selection of photograph.