kyoto

Posted : 2016.10.10

呑海龍哉 写真展「BHUTAN DAILY LIFE」 Tatsuya Donkai “BHUTAN DAILY LIFE”

© Tatsuya Donkai
会期
2016年11月7日(月)~11月19日(土) ※無休
場所
アルティザン ジャパネスク2F
11:00~18:30(最終日17時まで)/入場無料
写真
呑海龍哉
Exhibition Schedule
From Mon., November 7 2016-Sat.,November 19 2016 ※open everyday
Place
Artisan Japanesque 2F
11:00~18:30(Lastday17:00)/No Admission charge
Photographer
Tatsuya Donkai

アルティザンジャパネスク2階にて、呑海龍哉「BHUTAN DAILY LIFE」を開催いたします。

「世界一幸せな国」と言われているブータン。 訪れて先ず感じたのは、働いている子供たちがいないということであった。 他のアジア諸国では、労働のため学校に行けない子供たちを多く見かけたものだった。 ブータンでは国を挙げて、子供たちの教育に力を入れているのだ。

人々は、大地の恵みに感謝し、非常に信仰深く毎日何百回も祈りを唱えている。 輪廻転生を信じる彼らは、高僧に生まれ変われるように願い、日々徳を積むのである。 そんな彼らは自国の文化に誇りを持っている。 生活はとても質素であるが、余分なものがないので心惑わされることがない。 チベット仏教という心の拠り所があるのでとても穏やかである。 ブータンには何もないが、そこには我々が忘れてしまった生きるための本質があるように思う。

子供たちは非常に礼儀正しく、目上の人を尊敬しており、その土台作りが出来ている。 ブータンの人々が大切にしていることが次の世代へきちっと受け継がれていると感じた。 ブータンの未来には希望が見える。だから、「世界一幸せな国」と言われるのであろう。 本当の豊かさとは、物質的なものではなく、心の豊かさであるとこの国を旅して思う。

今回の写真展では、私が感じたブータンの人々の生きるための本質を少しでも伝えられたらと思う。

【作家プロフィール】
呑海龍哉/Tatsuya Donkai

1968年生まれ。京都府在住。
独学で写真を学び、京都を拠点に活動。海外でも撮影取材を行う
DOM・PHOTO代表



【個展】
2012年2月 「小粋な京都」京都ロイヤルホテル&スパ
2013年2月 「ASIAN DAILY LIFE」京都ロイヤルホテル&スパ
2013年6月 「アジアの子供たち」大阪 エルディオス・カフェ
2013年8月 「京都時間」京都ロイヤルホテル&スパ
2014年5月 「眼差し」京都 ほんやら洞
2015年5月 「ホテルという小宇宙」京都 八文字屋
2016年2月 「夢の続き」奈良写真美術館
2016年4月 「夢の続き」京都 Photo Gallery Artisan Japanesque
2016年5月 「京都夢物語」京都 同時代ギャラリー

http://r.goope.jp/kyotodomphoto


Tatsuya Donkai’s photography exhibition, “BHUTAN DAILY LIFE” will be held on the second floor of Artisan Japanesque.

Bhutan is called, “The happiest country in the world”. The first thing I felt on my visit, is there were no children at work. In other Asian countries, I had seen many children that could not go to school because of work. In Bhutan, all across the country, it seems effort has been put into children's education.

People give thanks to the blessings from the earth and with exceedingly strong religious faith, chant every day hundreds of times. They believe in the endless cycle of birth, death, and rebirth, called reincarnation. They wish for the rebirth of the high priest and practice virtue daily. These people take pride in their country`s culture. Their lifestyle is very simple, however there is nothing in excess, so no temptation. It is very peaceful as Tibetan buddhism acts as a stronghold. While there is nothing in Bhutan, I think there are also fundamentals of life that we have forgotten.

The foundation is set with very polite children that respect their elders. I felt that what was important to the people of Bhutan was passed down fully to the next generation. There is hope foreseeable in Bhutan`s future. That`s why it is called, “The happiest country in the world”. I think as I travel in this country, that real richness is not material, but the richness of the heart.

At this photo exhibit, I hope to convey even a little bit of the fundamentals of life that I felt from the Bhutanese.

[ Artist Profile ]
Tatsuya Donkai

Born in 1968. Lives in Kyoto Prefecture.
Learned photography by himself, making Kyoto the base of his activities. In addition, he does photography shoots aboard.
Representative of DOM・PHOTO

[ Solo Exhibitions ]
2012 「Smartish Kyoto」Kyoto Royal Hotel&Spa
2013 「ASIAN DAILY LIFE」Kyoto Royal Hotel&Spa
2013 「Children of Asia」El Dios Cafe, Osaka
2013 「Kyoto Time」 Kyoto Royal Hotel&Spa
2014 「Eyes」 Kyoto Royal Hotel&Spa
2015 「A microcosm of hotels」Mina Tsudanuma4F Gallery
2016 「Sequel to a Dream」Museum of Photography Nara City
2016 「Sequel to a Dream」Artisan Japanesque
2016 「DREAM OF KYOTO」Dohjidai Gallery,Kyoto

http://r.goope.jp/kyotodomphoto



Copyright © Photo Gallery Artisan 2017 All Rights Reserved.