kyoto

Posted : 2018.04.06

青木弘 写真展「Conflict Diamonds」 Hiroshi Aoki“Conflict Diamonds”

© Hiroshi Aoki
会期
2018年4月17日(火)~4月29日(日) ※無休
場所
ジャパネスク 1F「月」
11:00~18:30(最終日17:00まで)/入場無料
写真
青木弘
Exhibition Schedule
From Tue., Apr 17 to Sun., Apr 29 2018. ※open everyday
Place
Japanesque 1F“Tsuki”
11:00~18:30(Lastday17:00)/No Admission charge
Photographer
Hiroshi Aoki

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは1階展示室「月」にて、青木弘 写真展「Conflict Diamonds」を4月17日(火)から4月29日(日)まで開催いたします。本展はKG+ 2018 Exhibitionに参加しております。

内戦に揺れる中央アフリカ。その原因の一つとなっている「紛争ダイヤ」。
同国のダイヤモンド輸出は「キンバリー・プロセス」による規制の対象へ。2000年に設立されたキンバリー・プロセスは、紛争地帯でダイヤモンド密輸が武装組織の資金源となることを防ぐための仕組みである。
そんな同国に存在する「奇跡の鉱山」バネベレキャンプ。
ここではキリスト教徒とイスラム教徒が共存し、このダイヤモンド鉱山で共に汗を流している。
現在、西部の地域では、ほぼキリスト教徒たちが鉱山を押さえているため、イスラム教徒たちが鉱山で労働者として共に働いていることは「奇跡」である。

プロポーズ、記念日、授賞式、晩餐会etc… 
様々なシーンで世界を煌びやかに彩るダイヤモンド。
そんなダイヤモンドの美しさと魅力はその石が持つ闇なのかもしれない。
そんな人類に愛されてきた奇跡の石の背景にあるストーリー。

【作家プロフィール】

青木弘/Hiroshi Aoki

1976年生まれ、写真家の武政義夫氏に師事。英国への留学を経て、2002年よりフリーランスとして活動を開始。現在、中東、アフリカの紛争地を中心に撮影を続けている。
日本国内では酒蔵にて酒造りと蔵人、青森・大間にてマグロ漁師に密着。
2007年、コニカミノルタプラザにて「BORN UNDER FIRE -戦火の子どもたち-」を開催。同年、さがみはら写真新人奨励賞受賞。
2012年、新宿・大阪ニコンサロンにて「ARAB SPRING ~アラブの春 リビア革命~」を開催。同年、写真集「HEAL AFRICA」(冬青社)を出版。清里フォトアートミュージアム(山梨県)に作品所蔵。2016、2017年、ロサンゼルスにて。2018年、ニューヨークにて展示。 ニコンwebサイトCMに出演中。


【協賛】
株式会社ニコン、サンディスク、アトリエマツダイラ、GRAVITY

【トークイベント】
①4月21日(土)14:00-15:00
青木 弘×松平光弘(プリンティングディレクター)

②4月22日(日)14:00-15:00
青木 弘×高橋国博(冬青社/ギャラリー冬青)
※どちらも事前予約不要/参加費無料

“Conflict Diamonds” photo exhibition of Hiroshi Aoki is held at KYOTO MUSEUM OF PHOTOGRAPHY Gallery Japanesque 1F“Tsuki” From Tue., Apr 17 to Sun., Apr 29 2018.This exhibition is "KG+ 2018 Exhibition" participation planning is a satellite event of "KYOTOGRAPHIE" International Photography Festival.

Marriage proposal,
Anniversary,
Award ceremony,
Gorgeous dinner party, etc…

Diamonds make the world more gorgeously.
“Conflict diamonds” we called diamonds on the other hand.
The actual conditions of diamond mines in Central Africa where is shaken by the civil war.
The stones are the cause of the conflict.

A beauty and glamour of diamonds might be the darkness the stones have.
It is a story of miraculous stones loved by all humans.


【Artist Profile】

Hiroshi Aoki
Born in 1976. Studied under photographer Yoshio Takemasa. After studying abroad in England, he started his career as a freelance photographer from 2002. Aoki currently keeps taking a photo focusing on the area in a conflict in Middle East and Africa. As his career in Japan, he also tries to take photos of sake brewing and Kurodo at sake brewery, and photos of fishermen who mainly captured tuna in Oma, Aomori. In 2007, solo exhibition “BORN UNDER FIRE —Children in War” was held at Konica Minolta Plaza. On the same year, he won the prize for newcomer of Photo City Sagamihara award. In 2012, Aoki held the exhibition “ARAB SPRING —Spring of Arab, Libyan Revolution” at Nikon Salon both in Shinjuku and Osaka, and published his first photo collection ”HEAL AFRICA” (TOSEI publishing.) Kiyosato Museum of Photographic Arts (Yamanashi, Japan) possesses Aoki’s works as its house collection. His photo exhibitions were held in Los Angeles in 2016 and in 2017, and were done in New York in 2018. He appears on the web commercials of Nikon.

Supported By
Nikon、SanDisk、ATELIER MATSUDAIRA、GRAVITY

Copyright © Kyoto Museum of Photography 2017 All Rights Reserved.