tokyo

Posted : 2015.07.07

武田充弘 小さな写真展「ガンジス」 Mitsuhiro Takeda “Ganges”

© Mitsuhiro Takeda
会期
2015年7月25日(土)~8月1日(土) ※日・祝日休
場所
箱画廊@Artisan TOKYO
11:00~19:00/入場無料
写真
武田充弘
Exhibition Schedule
From Sat., July 25 2015-Sat., August 1 2015 Closed on Sundays and national holidays
Place
Hacogaro@Artisan TOKYO
11:00~19:00/No Admission charge
Photographer
Mitsuhiro Takeda

武田充弘 写真集『ガンジス』の販売を記念いたしまして、武田充弘 小さな写真展「ガンジス」を箱画廊にて開催いたします。

全長約2500km・標高差4kmの大河ガンジス川。作者は、この川へ2007年から2013年の間に5度訪れ、上流から下流を丹念に撮り歩きました。現地では、ヒンドゥー教の女神の名「ガンガー」と呼ばれるこの川は、川そのものが聖地になっています。 しかし、人々も動物達も川も風も大地も太陽も、そえぞれが思いのままに生き、すべてが違和感なくとけ込んでいるように感じた作者は、そこでの宗教的行事よりも川沿いで生活する人々や動物達の生きるリズムに心惹かれ、そのありのままを記録しました。

武田充弘
1977年神奈川県出身。東京都在住。
2008年に日本写真芸術専門学校を卒業後フリーランスフォトグラファー。
インドやニューギニア島で撮影した作品は、新宿コニカミノルタプラザにて個展、上野彦馬写真賞入選、清里フォトアートミュージアム収蔵などの実績。
2014年に写真集 「ガンジス-Rhythm of the Ganges-」(冬青社) 出版。
現在も、写真家として「地球のリズム」を表現するべく世界各地のドキュメンタリー撮影を続けながら、国内ではドローン空撮による広告やミュージッククリップの動画撮影も手がける。

ganges2

A small commemorative photo exhibition “Ganges - rhythm of the Ganges” took place.

he ganges is a great river that has its source at an elevation of 4,000 meters and has a total length of 2,500 kilometers. During the years between 2007 and 2013 he visited 5 times this river and went down four times with his camera all the way from its source to the sea. Locally the river Ganges is called "Ganga", the name of Hindu goddess. The river itself is tough to be sacred. so there are religious events held everywhere, everyday. However he photographed hardly any of religious events held there. Because he felt that there the people snd animals, the river and land, the sun and wind all lived their own life, and yet they all fit in well with one another and photographed the people and animals living along the river, by the rhythm of their ordinary life.



Copyright © Photo Gallery Artisan 2017 All Rights Reserved.