kyoto

Posted : 2018.05.28

佐藤なーや 写真展「Oneness with Nature」 Naya Sato“Oneness with Nature”

© Naya Sato
会期
2018年7月10日(火)~7月16日(月) ※無休
場所
京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク 1F「月」
11:00~18:30(最終日13時まで)/入場無料
写真
佐藤 なーや
Exhibition Schedule
From Tue., July 10 to Mon., July 16 2018 ※open everyday
Place
KYOTO MUSEUM OF PHOTOGRAPHY Gallery Japanesque 1F“Tsuki”
11:00~18:30(Lastday〜13:00)/No Admission charge
Photographer
Naya Sato

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは1階展示室「月」にて、佐藤なーやの写真展「Oneness with Nature」を7月10日(火)から7月16日(月)まで開催いたします。

Oneness with Nature

月明かりの木漏れ日に照らされたある夜、屋久島の深い森の中のトレイルを歩いていると、普段は通り過ぎていたような名もない屋久杉に、ふと呼び止められたような気がした。
カメラを置いて株元に腰をかけ、森の奥に静かに聴こえる音を屋久杉と一緒に聴いて過ごした。
何千年も生きてきた屋久杉の木肌に触れると、心の奥深くに優しい何かが伝わってきた。
「森にお邪魔しています。素晴らしい出会い、時間をありがとうございます。」
自分自身も、ありったけの言葉と想いを手のひらを通して伝えた。

今ここに存在する自分は、たくさんの奇跡の連続で生かされている。
世代や時空を超えて紡がれてきた命の現在進行形である。
この星に存在する全ての命の尊さと、無償の愛。

屋久杉から伝えられたメッセージに、溢れてくるありったけの愛を手のひらを通して返すと、木の中を巡り一周して、また自分の体へと返ってきた。
とても温かく、これまで経験したことがない安堵感と一体感で心が満たされ、涙した。
-Oneness with Nature-
一本の木との心が合わさったような神秘体験ともいえるこの夜の出来事は、屋久島の自然界から受け入れてもらえた初めての体験であった。
それ以来、自然界と自分との繋がりの認識が変わり、小さな砂粒から広大な空まで、全ての存在は関わりあっていて地球に生きる同じ命の仲間であることを実感するに至る。
日々の中にある感動とともに、自然の命のきらめきや尊さ、あるいは命そのものを感じる作品を撮影して、新しいエコロジー感覚を伝えている。

【作家プロフィール
】
佐藤なーや/Naya Sato

1975年、北海道生まれ、鹿児島県屋久島在住

夏は森や渓谷でオオムラサキシキブ蝶と触れ合い、冬はダイアモンドダストに感動するなど、多くの心象風景が北海道での幼少時代に形成された。
父のマニュアルカメラを譲り受けたことをきっかけに、20才から人物ポートレイトを撮り始める。
屋久島に移住後、島が育む大自然の命のきらめきに感銘を受け、ネイチャーフォトを中心に撮影するようになる。
当初は思うような写真が撮れない日々が続いたが、月夜の晩に樹齢千年以上の巨木が佇む森へ撮影トレッキングに出かけた際の、ある一本の屋久杉との出会いを契機に、自然界と融和した写真が撮れるようになったと感じている。
以来、自然との一体感より得られる感覚がこれからの時代のエコロジーに繋がると確信し、Oneness with Nature をテーマに撮り続けている。

【クリスタルボウルミニライブを開催します】
7/15(日) 16:00-16:20
7/16(月・祝) 11:30-11:50

“Oneness with Nature” photo exhibition of Naya Sato is held at KYOTO MUSEUM OF PHOTOGRAPHY Gallery Japanesque 1F“Tsuki” From Tue., July 10 to Mon., July 16 2018.

“Oneness with Nature”


One night in dense forest of Yakushima, illuminated by moonlight trees through leaves of tree, I felt I called to stop by a nameless Yaku-cedar which usually is passed when walking in a trail.
Putting a camera and sitting on the plant root, I spent my time hearing soft sounds from deep in the forest with Yaku-cedar.

Touching the bark of Yaku-cedar which lives for thousands of years, I was poured something gentle in my hart.

“Excuse me, I’m visiting your forest. Thank you for wonderful meeting and time.” 

I also transmitted Yaku-cedar all words and feelings through my palm.


I’m kept alive here and now because of too many miracles. 

It’s a present progressive style of lives which is spun over generation and space-time. 

The nobility of all existing lives on earth and the love that asks nothing in return.


For message from Yaku-cedar, I returned all overflowing love through my palm. Then passing tree’s body, it returned to my body again.

It was so warm. I shed tears because my heart was fulfilled with relief and I got an unity that I had never experienced before.

-Oneness with Nature-

The mysterious event as I was connected to one tree was my first experience Yakushima’s nature accepted me.

Since then, I changed recognition of connection between nature and me. I realized all existences, from small sand grain to vast sky, are influenced with each other and are same life company on earth.

With impression in the ordinary life, I tell new sensibility of ecology by taking photos of sparkling, nobility of natural life, and life itself.


【Artist Profile】

Naya Sato

Born in 1975, Japan, in Hokkaido, live in Yakushima, Kagoshima Prefecture.


His many imaged landscapes were formed by childhood experience in Hokkaido, such as playing with a Omurasakishikibu butterfly in forests or valleys in summer, and being impressed with diamond dust in winter.

He began to take portrait-photograph when he was 20 years old because he got a manual camera from his father.

After moving to Yakushima, he started to take nature photos because he was impressed by sparkle of lives in nature raised by the island.

At first, he couldn’t take satisfactorily photos. But, one moonlight night, when he went to forest which has big trees that were 1,000 years old and over for trekking, he met one Yakusugi. He thinks this meeting is a chance to become possible to take photos harmonized with natural surroundings.

Since then, he is certain that feelings from sense of unity with nature lead to ecology of next generation. So, he holds up “Oneness with Nature” and takes the photos.


【Crystal Bowl Mini Live】

7/15 (Sun) 16: 00-16: 20

7/16 (Mon·Holiday) 11: 30-11: 50


Copyright © Kyoto Museum of Photography 2017 All Rights Reserved.